習性

第1段階 下見
鳥の被害は環境によって様々ですが、その原因となるといくつかに限られてきます。中でも巣を作ってしまっている状況はかなり重症と言えるでしょう。帰巣本能が強く働いてしまうため対策も困難になります。
鳩を例に挙げて、巣を作るまでを見てみましょう。

第2段階 ねぐら
鳩はいきなり来るわけではありません。移動中に休憩していた場所や、その近くに安全な場所がないか探しています。

第3段階 繁殖
安全な場所が見つかると、そこをねぐらとして住み着いてしまいます。ここから鳩に帰巣本能が芽生えます。

第4段階 増殖
安全なねぐらを獲得した鳩は繁殖するために巣を作り始めます。(巣を作らない場合もあります)
卵が産まれたり孵化したりしてしまうと帰巣本能に母性本能がプラスされ、ねぐらに対する執着心がさらに強くなります。

鳩は群れで行動します。安全なねぐらを見つけた仲間がいるとわかれば自然と鳩が増えていってしまいます。

ほっとくと被害はどんどん悪化します。

特色

視覚

人よりも視力は良く、人に見えない色も識別できます。目に頼った生活をしているのも特色の一つです。ハトはいきなり来るわけではありません。移動中休憩場所や、その周辺に安全な場所がないかを、主に視覚を頼りに探しています。

聴覚

人よりもやや劣ります。
音の聴こえる範囲は、「人 20~20,000ヘルツ」に対し、「鳥 200~8,000ヘルツ」です。そのため、人に聴こえない音は聴こえません。

嗅覚・味覚

ゴミを漁っていることからもわかるように、あまり鋭くありません。また、自分たちのふんの臭いにも平気なように、ねぐら近くにふんがあっても気にしません。また、自分たちのふんが取り除かれていない環境では安全だと考え、さらに居つきやすくなってしまいます。さらに、ふんは仲間を呼ぶ傾向にあります。ふんがあったら、まずはすぐに掃除することが大切です。

磁気

通常の生活では視覚に頼った生活をしていますが、渡り鳥や伝書鳩は長距離移動するときに磁気を使って距離や方向を認識しています。また、帰巣本能があり、ねぐらと定めた安全な場所には住みついてしまいます。さらに、ハトは群れで行動します。安全なねぐらには自然と仲間が集まります。

慣れ

鳥には非常に優れた学習能力があります。危険を感じさせるような忌避具に対しては、本当に危険かそうでないかを短期間で判断してしまいます。そのため、単純な忌避具では対策が難しく、その場や状況に応じた施工が求められます。

繁殖

安全なねぐらを獲得したハトは、繁殖するために巣を作り始めます(巣を作らない場合もあります)。卵が産まれたり孵化したりしてしまうと、帰巣本能に母性本能がプラスされ、ねぐらに対する執着心がさらに強くなります。

対策方法

前項のような被害ヵ所を「撃退ドットマン」を使用して対策します。対策方法を決めるときに着目する点は「目的」「場所」を考慮すること、つまり「どこを?」「どんな目的で?」「どのように対策するか?」この全てに通じる対策プランをご用意いたします。
どういうことなのか、ひとつひとつ説明いたします。

「どこを?」
これはただ単に被害ヵ所の部分だけでなく、鳥の飛来方向や鳥がいる時間、フンが集中しているところや巣の有無など、周りの状況も含めた環境のことを指します。自分の目だけではなく、お客様からの情報が必要となってきます。

「どんな目的で?」
そこに鳥が来てしまうことでお客様がどうして困っているのか?そこをどうしたいのか?
ということをお互いはっきり認識しておく必要があります。
対策は部分的なのか?全体なのか?
北側だけなのか?南側だけなのか?
上段だけなのか?下段だけなのか?
お客様のご要望をお聞かせください。

どのように対策するか?

先にも述べましたが、「撃退ドットマン」を中心に鳥の視覚に訴え、鳥の視覚を混乱し、鳥をびっくりさせて鳥の居づらい環境を作ります。 その為には、撃退ドットマンを「見せる工夫」というのが大切になってきます。
それには位置と向きと角度と間隔が大変重要です。 少しのズレで効果が弱まる場合があります。

チェックポイント

鳥の被害は環境によって様々ですが、その原因となるといくつかに限られてきます。
中でも巣を作ってしまっている状況はかなり重症といえるでしょう。巣があることにより、帰巣本能が強く働いてしまうため、対策も困難になります。
既に巣が作られてしまった場合は、プロに対策をお任せください。

サンニックの鳥害対策サービス案内の
ご提案はこちら
個人の方はこちら

ご相談・お問い合わせ

  • 24時間対応! メールでのお問い合わせ
  • お電話でのお問い合わせ
  • 24時間対応! FAXでのお問い合わせ FAXお問い合わせ用紙

対応エリア

関東エリア

東京都を中心に、神奈川・千葉・埼玉・茨城・栃木・群馬といった関東エリアに対応しております。その他地域の方もお気軽にご相談ください。

サービスの流れ

上記お問い合わせフォームまたはお電話/FAXにてご連絡ください。
相談は無料です。

お電話や現地で状況を確認させていただき、対策内容を決定し、お見積りいたします。

鳥害対策を実施・施工します。その後の状況を共に見守り、随時相談を承りますのでご安心ください。

  • 新着情報
ハト・カラスの習性 TOP